So-net無料ブログ作成
検索選択

直方 <成金饅頭物語> [味]

彼岸を過ぎ、花より団子とばかりに牡丹餅に舌鼓打たれた方も多いと思います。 今日は直方のお菓子の定番中の定番、ご存知成金饅頭の特集です! と、力を入れても、今日は、拙者赤か毛の文章ではなく、「のぶ工房」遠藤順子さんの取材に基づく名文をお借りして、ふるさとの銘菓をご紹介します。 以下のぶ工房さんHPよりご了解を得て転載させていただきます。

narir2.jpg

続きを読む


nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

直方 <ベーカリーのシュー> [味]

それは、九州一古い木造駅舎の前にあった。

DSC_0015.jpg

続きを読む


nice!(13)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

中泉 <実りの喜び> [味]

天高く

DSC_1255.jpg

実る大地

続きを読む


nice!(12)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

折尾駅 <かしわの国の物語> [味]

御存知、かしわめし!いよいよ登場です。あえて取り上げたのは、最近改めて知った「かしわめし」誕生の物語がとても川筋っぽかったためです。

御了解を得て、あえてここに引用させていただきます。

大正初期、国鉄の門司運転事務所所長をしていた本庄厳水(イワミ)は、各地を旅した時に、駅弁が画一化していることを痛感。郷土色を生かした駅弁づくりのために、大正10年に折尾駅(北九州)で筑紫軒という弁当屋をはじめた。
福岡は、鶏の水炊きが名物になっているように、昔から鶏肉を好んで食べる土地柄。そこで鶏のスープの炊き込みご飯に鶏肉と卵をあしらった「親子めし」を考案した。 ところが、この「親子めし」声に出してみると「オヤコロシ(親殺し)」に聞こえてしまう。そのため、名前を『かしわめし』に変更。

続きを読む


nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

折尾駅 <3番ホームの東筑軒> [味]

折尾駅シリーズ続きます。名物東筑軒「かしわうどん」は、鹿児島本線の下り3番ホーム中ほどにあります。北九州のうどんは、讃岐ほど腰はありませんが、表面がとろ~っと、柔らかで口当たりがよく、「いりこ」の出汁とよく合います。25年ほど前東京就職し、社員食堂でうどんを頼んだとき、真っ黒い汁の中にうどんが浮いて出てきたので、仰天したのを思い出します。名高い「かしわめし」に並ぶ名品です。かしわご飯のおにぎりをつけても、500円でおつりが来たような…

続きを読む


nice!(4)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。