So-net無料ブログ作成
検索選択

高見神社 <昭和の匠> [建築]

北九州の神社の由来をたどって行くと、神功皇后と熊鰐、そして朝鮮が縁起となっていることが多いようです。 高見神社はその色彩が特に強く、神功皇后自らが「洞海湾岸高見の地に建立した」とされています。中世においては麻生氏・小早川氏、近世には黒田氏の庇護を受けながら、「高見大神宮」と呼ばれ、北九州(遠賀・鞍手)一円の信仰の中心となっていったようです。

DSC_0211 のコピー.jpg

DSC_0231.jpg 

面白いのは、明治になってその庇護の主が、官営の八幡製鉄所を中心とした信奉者の集団へと変遷してゆくことです。 まさに「企業城下」と言われる北九州ならではのことと思います。

続きを読む


nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。