So-net無料ブログ作成
検索選択

岡垣 <深まる秋の曼珠沙華> [花]

関東では、別名のとおりちょうどお彼岸の時期に咲きますが、九州では少し遅めの九月終わりから十月にかけてでしょうか。そこであえてヒガンバナではなく、マンジュシャゲと書かせていただきました。しかしもう九州でも、終わっているかも知れませんね。

013_13A.jpg

人や地方によっては、彼岸という名前を避けて、こう呼ばれる場合が多いようですが、この他にもいろんな呼び名があるようです。どれも、ここで書くにはちょっと縁起が・・というような名ばかりです。

それにしても、形といい色といい妖艶というか・・また、気がついたらいつの間にか現れているような印象があって、不思議な花であることは間違いありません。

021_21A.jpg

ある時期になると忽然と現れ、あたりを赤く染め忽然と消えてゆくような、春の桜の持つ妖艶さに通じるものがあります。

球根に毒があることは良く知られていますが、この性質を利用してモグラや野鼠など、地中性の動物に田畑を荒らされないように、あぜ道などに植えられたのでは・・といわれています。また、土葬の習慣のあるアジア地方で、墓を動物に掘り荒らされないように植えたとも言われ、これが彼岸の時期に咲くこともあいまって、妖艶なイメージが固まったのかもしれませんね。

028_28A.jpg

一方、曼珠沙華という名は仏教用語で「天上の花」、おめでたい事がある兆しに、天上から赤い花が降ってくるという、仏教の経典があるそうです。逆のイメージですね。

逆といえば、この花はま夏の終わりに茎がすーっと伸びて、秋に花が咲き、その後球根から葉が出てきて、冬は葉のまま冬を越すのだとか。その間に葉で光合成をして、球根に栄養を貯め次の年の開花に備えるのだそうです。いつの間にか咲いているのは、このためですね。

026_26A.jpg

毒を利用した植え方もさることながら、華自身の合理的な咲枯のサイクル・・、自然の知恵にも深いものがあります。

撮影:2007年10月 L.T. <4枚とも>


nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 9

コメント 10

dalmy

お久しぶりです。
私はこの花、好きですよ。白やピンクのも最近はありますね。
(仏教的な思想にあまりとらわれない欧米で、フラワーデザイン用として開発されたのだという話ですが、真偽のほどは未確認です。)
その夏がどんなに猛暑でも、どんな残暑でも、きっちりお彼岸の頃に
姿を現す律儀さというか、不思議さというか・・・この赤い色が終わり、金木犀の香りがほのかに漂ってき始めると秋本番。ついこの間、
菜の花の黄色は良いですね〜なんて書込みをしたばかりなのに〜〜
by dalmy (2009-10-11 12:39) 

赤か毛

dalmyさん、お久しぶりでです。
ほんとに時間の過ぎるのは早いので、気が焦ってしまいます。
フラワーデザインというのにぴったりのユニークな形をしていますね。
他には見られない姿をしています。
でもなぜか、私は三十三間堂の千体千手観音の光背を思い出すのです。
曼珠沙華という名前にひっぱられているのでしょうね。
by 赤か毛 (2009-10-11 15:54) 

つぼっち

やっぱり彼岸花と呼んでしまいます。
何だか寂しげなイメージを抱いてしまうのはなぜでしょうか。
by つぼっち (2009-10-11 23:16) 

keykun

こんばんは。^^
燃えあがる炎の様な~
この花はとても印象深いですね。^^
山口百恵の歌詞にも出てくるので、
その分知名度が上がり得をしたかも・・。^^;

by keykun (2009-10-12 01:43) 

赤か毛

つぼっちさん、こんにちは!
お元気ですか?街歩きの中ではいろんな花に出会うのではないですか。
夏の終わりを告げる花なので、寂しさはぬぐえませんね。
私はどちらかというと妖艶さに惹かれます。
by 赤か毛 (2009-10-12 12:11) 

赤か毛

keykunさん、作詞は阿木曜子さんですね。
マンジュシャゲではなく、マンジュシャカ、というところが
さらにインドっぽくて、妖艶さをましているような気がします。(^o^ゞ
by 赤か毛 (2009-10-12 12:21) 

caramelpapa


百恵さんの歌っている「マンジューシャカ」は
歌詞の通り白い花
それが「マンジュシャゲ」のように
真っ赤に染まると

彼岸花は
北九州では彼岸入りの二三日前くらいから咲き始め
所によってはまだ咲いています

飢饉に際しては
非常食にもなるから
あえて不吉な名前を付けている
って説も聞きますね

  
by caramelpapa (2009-10-12 13:12) 

赤か毛

caramelpapaさん、こんばんは。
毒抜きの手間を惜しまなければ、栄養価が高いと聞きました。
最悪のときのために取っておくのですね。
by 赤か毛 (2009-10-12 17:33) 

TAke4

曼珠沙華と言えば、やはり山口百恵と書こうと思ったら皆書いてました。
私は明日が誕生日で51歳になるんですが、皆さん同年代なんでしょうね。
それから恥ずかしながら、彼岸花が曼珠沙華だとは知りませんでした。
~シャゲだったり~シャカだったりするんですね。
また勉強になりました。
九州でも、お彼岸前後に咲いているように思います。
by TAke4 (2009-10-12 17:48) 

赤か毛

Take4さん、こんばんは!
まったく同じ世代ですね!!
私は昭和34年生まれですが、早生まれなのでTake4さんと
同じ戌年の学年です。
この世代で御三家といえば・・、百恵ちゃんが入りますね(^o^;
そうですか?九州でもやっぱりお彼岸の前後であれば
素直にヒガンバナと書いたほうが良かったですね。
曼珠沙華は、サンスクリット語「マンジュシャカ」の当て字らしいです。
by 赤か毛 (2009-10-12 19:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。