So-net無料ブログ作成
検索選択

白の競演 <白木蓮と辛夷> [花]

春を告げる花は多いですが、早かった今年の桜も、この寒さでしばらく見ごろが伸びそうです。 その合間を縫って、一足早いこの白い春の花を取り上げます。

010_10.jpg

真っ青な空に良く映える、さてこちらは白木蓮か、はたまた辛夷か・・・。 

いずれにしても、早春の街並みに、突然表れる白い花の群れは、思わず笑顔にさせてくれます。 寒くつらい冬の気分を、一気に払拭し、もう春が来た!と元気にさせてくれる力が、この花にはあるように思います。

015_17.jpg

007_7.jpg

正解は、白木蓮ですね。 大振りですが花びらが全部開かず、上を向いてすっくと立ち上がるように咲いています。 以前は蘭の花に似ていることから「木蘭」とも書いたそうですが、いまは蓮の花になぞらえて、この字が当てられています。

010_12.jpg

013_13.jpg

前々回の桜桃「ユスラウメ」と同様、この花も中国名と日本名に錯綜がみられ、中国では白木蓮を辛夷(しんい)と書くそうです。紛らわしいですね・・・

さて、日本の辛夷(こぶし)はこちら。

033_33.jpg

白木蓮に比べて花が小ぶりですが、もったいぶらずあっけらかんと全開するのが特徴です。 昔の人はこの花が開くのを見て、その年の農作業の段取りを考えたり、花の向きで豊作かどうかを占ったそうです。 地方によっては「種まき桜」とも呼ぶそうです。

030_30.jpg

開花直前のつぼみの形が子供のこぶしのに似ていることから、この名が付いたと言う事ですが、 建築の世界では、お茶室に欠かせない銘木のひとつで、ほのかなやさしい香りがすることから、 「香節」と書いて「こぶし」とよみ、昔から愛でられてきました。 

白木蓮と辛夷、似て非なるも、それぞれの個性を花咲かせいてます。

撮影:L.T. 2007年3月 <7枚とも>


nice!(13)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 13

コメント 25

朱柄の槍にてござそうろう

福岡はもう小春日和でしょうかぁ?
関西は今一春は足踏み状態になってますよ、この白木蓮はキレイですねぇ。
それに堂々とした枝振りで遠くからでも分かるくらいに自己主張してますよぉ。(^0^)
サクラを見る前に良い物を見せて頂きましたぁ、惜しげもなく満開に咲いてくれる辛夷にも拍手ですねぇ。
by 朱柄の槍にてござそうろう (2009-03-29 21:01) 

赤か毛

朱柄の槍にてござそうろうさん、お久しぶりです。
早速コメントいただき、ありがとうございます。お元気でしたか?
三月が終わろうとしていますが、まだまだ寒い日が続いていますね。
桜が待ち遠しいですが、白木蓮と辛夷、楽しんでいただけてうれしいです。
by 赤か毛 (2009-03-29 21:10) 

cloud9

青い空に良く似合いますね♪
とても気持ちが良くなります^^
サクラは開花宣言の後の寒さでなかなか満開にならないですね^^;


by cloud9 (2009-03-29 22:19) 

caramelpapa


「北国の春」の「こぶし咲く」ってヤツですね

折尾駅
東筑軒の前から3号線まで
500mぐらいずっと咲いていました

もう終わっているかな?

  
by caramelpapa (2009-03-29 22:25) 

keykun

おはよございます。^^
モクレン~コブシ。
良く似た花で、開花時期が近いので間違いそうです・・。^^)
この時期よく目にするのですが、これだけの大きな樹は少ないです。
花の勢いが違って見えます。咲き誇っていますね。^^)v
by keykun (2009-03-30 07:11) 

つぼっち

一気に春らしくなってきましたね!
あとは桜を待つばかりです。
by つぼっち (2009-03-30 12:21) 

takaki-i

白木蓮と辛夷。私は完全に間違えていました。
2度ほど辛夷を白木蓮と紹介しました。恥ずかしい・・・
私が白木蓮と思っていたのは辛夷だったようです。
良く似た花ですが調べてみると、花びらの数だとか、花の下に葉っぱが付いている等の見分け方があるようですね。少し注意して書こうと反省しています。
所で千葉でも今この花を一番良く見かけます。
いちいち確認していませんがどうも辛夷の方が多いようです。
by takaki-i (2009-03-30 21:13) 

寂光

冬が好きな私は、
暖かい春の訪れがうれしい反面、
過ぎ去る冬が愛おしくてたまりません。
けれどもこうした写真を拝見すると心は弾みます。
新潟ではこうした光景に出会うのはもう少し先になります。
by 寂光 (2009-03-30 21:27) 

赤か毛

cloud9さん、ほんとに青い空に映えます。
春霞がかかる前に咲くので、余計青い空とのマッチングが楽しめますね。
桜が咲く頃は、いわゆる「花曇」で青空が少ないようです。
by 赤か毛 (2009-03-30 22:36) 

赤か毛

caramelpapaさん、北国ではほんとうに待ち遠しく
この白い花が一斉に咲くと、喜びもひとしおでしょうね。
東筑軒まえの辛夷並木、大きくなりましたか?
by 赤か毛 (2009-03-30 22:40) 

jall

福岡は桜満開!です。
先週は寒くて花持ちがいいようです。
木蓮といえばスタレビの
木蓮の涙を思い出します。
by jall (2009-03-30 22:47) 

赤か毛

keykunさん、こんばんは。
九州ではその昔、平家の落人が山に潜んでいたときに
一夜明けると廻りが源氏の白旗に囲まれていました。
それを見た落人は、「もはやこれまで」と自害したのですが、
実はそれは一面に一斉に咲いた辛夷だったということです。
そのくらい、突然春を告げるように咲くということですね。
by 赤か毛 (2009-03-30 22:54) 

赤か毛

つぼっちさん、こんばんは。
いつも歩かれているつぼっちさんには、季節の移ろいが
とてもよく分かるのでは、と思います。
関東の桜は少し先のようですが、咲くまで、そして咲いてから
春を楽しんでください。
by 赤か毛 (2009-03-30 23:06) 

赤か毛

takaki-iさん、白木蓮と辛夷、どちらも学名は、magnoliaだそうです。
中国原産のこの花を、ヨーロッパに紹介した植物学者のMagnolさんの
名前にちなんでいるそうで、モクレン属には、magnoliaがついています。
ということで、よく間違えられますし、本文にも書きましたように
中国では、白木蓮を辛夷と書くそうですので、恥ずかしいと思われる
必要はまったく無いと思います。
とにかく春を楽しみましょう!!
by 赤か毛 (2009-03-30 23:20) 

赤か毛

寂光さん、へんな言い方ですが、私は寒いのが大の苦手ですが
冬は好きなので、微妙ですが、お気持ちは分かるように思います。
雪の表情も、長い冬の中でいろいろと変わるのでしょうね。

by 赤か毛 (2009-03-30 23:36) 

Take4

世の中、暗い話しばかりでめげてしまいますが、花を見ると何か元気付けられます。
前回の花のブログを見て、私も携帯のカメラで街の花を撮るようになりあmした。
夜寝る前にそれらの写真を見ると、心が癒されて安心して眠れるような気がします。
このブログのおかげで明るい気持ちで生きていけます。
今回の花も良かったです。

by Take4 (2009-03-31 12:36) 

赤か毛

jallさん、昨夜はシンクロしていたようで、気がつかずにすみませんでした。
木蓮の涙、スタレビ、いいですね!!
芸能界に疎い赤か毛としては、今頃目覚めてどうするん!?
というくらい、知りませんでした。
またひとつ世界が広がりました。
先日、古い友人を車に乗せてドライブしたら、カーステから流れる曲が
30年間かわっとらん!と怒られました(T_T)
これからスタレビ聞きます。
by 赤か毛 (2009-03-31 13:13) 

赤か毛

Take4さん、こんにちは。
なんだかうれしいコメント、有難うございます。
そう言っていただけると、また頑張って記事を書こう!と思います。
眠れないときは、ほんとうに辛いものですよね。
明るい気持ちで生きれることが、どんなに有り難いか・・・
そう気がついたとき、親をはじめ多くの人たちに「ありがとう」と
言いたくなります。
そして、そのときにはもう親はいなかったりします。
それでも、まだ周りにいてくれる人たちに、毎日「ありがとう」と
言いながら、生きてゆけるのは、嬉しいことですね。
by 赤か毛 (2009-03-31 13:23) 

caramelpapa


東筑軒の前から
君が代堂があった封鎖された踏切までと

折女の下
春風亭の前から東筑橋の踏切、3号線と
植えた時期が違います

東筑軒の方が数年早いのですが
成長が遅く5mもいってないみたいな感じ

後から植えた方が
6m強から8m弱
陽当たりが良いから?

  
by caramelpapa (2009-04-01 23:44) 

Take4

caramelpapaさん
私は休みの日曜日は大方堀川沿いを歩くのですが、折女(今、愛信)の下に白い綺麗な花が咲いているなあと思っていました。
何という花かなと思いながら歩いていたのですが、あれが辛夷だったんですね。
この記事とやっとリンクしました。辛夷って私にとっても身近な花だったと思うとより美しく見えます。
ありがとうございました。
by Take4 (2009-04-02 12:49) 

caramelpapa


いいえ
どういたしまして

  
by caramelpapa (2009-04-03 20:27) 

響

見事な白木蓮ですね。
散り際はちょっと汚いけど
梅が終わって桜が咲くまでの間、しっかり目を楽しませてくれますね。
by (2009-04-04 12:55) 

赤か毛

響さん、こんばんは。
たしかにどちらも散り際がだらっとしてしまいます。
この花は春が来た、というより、もう冬は終わりです!
と告げる花なんですね。
by 赤か毛 (2009-04-05 19:36) 

赤か毛 どの

早速訪問させていただきました。
海には縁のない土地で育った私ですが、故郷を思う心には通じるものがあります。いいねえ。

花というのは不思議にも人の心を暖かくしたり、時には悲しくさせたりします。それは何なのでしょうね。小さい頃の思い出の風景の中にあったことで意識の中に刷り込まれたのでしょうか。
 
音楽が失恋した時の思い出とともにあったり、学生時代の楽しかった思い出とともにあったり、伊根の民宿で一人熱出して唸っている傍ら、同級生が騒いでいた時にはやっていた曲であったりするのと共通するのでしょうか。

 コブシの花は好きな花です。特に街路樹で植えたのではなく、野生のやつ。この新緑を迎える時期、山を見た時に群れることなく毅然と白い花をつけている様がいいです。

今日、石川さゆりがいい、と言ってましたね。やはりコブシが好みなのですか?
by 赤か毛 どの (2009-04-17 22:37) 

赤か毛

赤か毛どのさん、ようこそ洞海湾通信へいらっしゃいました。
さっそくのコメントありがとうございますm(_._)m
ふるさとの花や、人生とともにあった歌への思いは、ひとそれぞれにあるようですね。
特に木蓮や辛夷は、つらかった冬や、前年の引きずった思いを断ち切る元気をくれるような気がします。
さゆりちゃんのコブシも、もちろん好きです。
これからも宜しくお願いします。
p.s.まぎらわしいので「赤か毛どの」さんのハンドルネーム再考いただけるとありがたいです(^o<)-☆
by 赤か毛 (2009-04-19 18:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。