So-net無料ブログ作成
検索選択

筑豊電鉄 <変わらぬ移動の魅力> [道]

DSC_1573.jpg 

誰もが車を持てなかった時代、輝いていた責任感と誇り

人々が移動することへの期待と夢、明るい未来が待っていた

 

DSC_1550.jpg

舟から列車へと時代が移るとき、川の持つ役割が薄れ

列車から車へと時代が移るとき、街の形が変わった 

DSC_1632B.jpg

集まり、共にどこかへ向かうという意識も薄れ

好きなときに、好きなところへ、好きな人と移動できる「自由」

 

DSC_1637B.jpg

すばらしい自由と同時に、

巨大な駐車施設と映画と食事と買い物ができる空間を手に入れた 

それと引き換えに失ったものを考えてみませんか

 

DSC_1639.jpg

DSC_1600.jpg 

頑張っている筑豊電鉄 

車の邪魔にならないルートを走っていたから生き残ったのか

宅地化の波に乗れたのか

 

DSC_1608.jpg

魅力ある街には路面電車がある

長崎広島函館札幌、サンフランシスコ・・・

かつて路面電車が輝いた街がある 

東京横浜京都、ロスアンジェルス、そして・・・北九州!

 

DSC_1622.jpg

油を売りたい、車を売りたい、活性化したい、発展したい気持ちが

住み心地を追い抜いて、街の形が変わった 

 

DSC_1649.jpg  

そろそろ、この島国に乗って、みんなでどこへ行きたいのか

決めなければ

 

DSC_1725.jpg

 

昭和26年に設立され、昭和31年貞元(元熊西)~中間間が開業。 黒崎駅前~筑豊直方間が開通したのは昭和34年。 来年で全線開通50周年ですね。 かつては飯塚を通って、福岡まで延びる計画でした。 今はなき宮地岳線と接続の構想もあったそうです。 北九州線との乗り入れのため路面電車型の車両を使用。 現在もワンマンとせずに、黒のがま口を下げた車掌さん から切符を買える貴重な電車です。

撮影:L.T. 2008年10月 <10枚とも>


nice!(15)  コメント(22)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 22

お茶屋

夕陽を浴びている感じが、
またすごくかっこいいですね☆
by お茶屋 (2008-12-10 10:23) 

つぼっち

沿線も、魅力的な場所が多いのでしょうね。
以前から、「直方」という地名は気になっていました。
炭鉱があった頃には、どんな風景だったのでしょうか。
by つぼっち (2008-12-10 12:10) 

赤か毛

お茶屋さん、こんにちは。
車内までオレンジ色になります。
by 赤か毛 (2008-12-10 13:24) 

赤か毛

つぼっちさん、そうなんです。散歩のように乗れる電車です。
「のおがた」と読むのはなかなか難しいと思います。
炭鉱成金のお陰で、ずいぶんと華やかだったらしいです。
国の官吏だった森鴎外が、直方駅前で人力車を拾おうとしたら
あまりにも車代が高く、目的地にたどり着けなかった・・・という
逸話も残っています。
良くも悪くも賑わったようですね。
今でも、多少往時の名残が散見されます。
by 赤か毛 (2008-12-10 13:29) 

takaki-i

筑豊電鉄まだ生き残っていますか。
我々が車を持てない時代皆こうした電車に乗っていました。
この写真を見ると余計郷愁を感じます。
by takaki-i (2008-12-10 15:41) 

赤か毛

takaki-iさん、筑鉄はまだ頑張ってますよ~!
折尾、直方などのターミナル駅は、それはそれは雰囲気がありましたね!!
いつか帰省されたら、ぜひ黒いがま口の鞄から、切符をこうてください(^o^)/
by 赤か毛 (2008-12-10 16:49) 

二つ目草

L.T.さんの撮られた写真が素晴らしいですね。
運転士や乗客のシルエットまで写っている夕景は、
この地域の生活感までわってきます。
クリーム色の丸みのある車両の方は、
なかなか走っている姿にお目にかかれないのですが、
ノスタルジックでいいですねぇ。

高齢者の割合が多い北九州には、
車掌さんのいる小さな電車というのは、
優しくて似合っています。
by 二つ目草 (2008-12-10 23:26) 

keykun

こんにちは。^^
地域との一体感が一杯の夕日と電車。見惚れてしまいます。^^)v
路面電車の意義が見直され始めていますね。
街中はマイカー自粛で乗合のバスや電車を活用したいですね。^^
OSAKA にも阪堺線と言う路面電車が生き残っていますヨ。 ^^

by keykun (2008-12-11 15:51) 

赤か毛

二つ目草さん、こんばんは。お忙しそうですね。
L.T.氏は、感田駅付近にでんと陣取って、行き交う電車を捉えてくれました。
直方行きだったり、黒崎行きだったり・・・
おっしゃるように、乗客のシルエットのショットが私もお気に入りです。
車内まで夕焼けで満たされて、自然と一体になっているようですね。
財布を忘れた小学生や、足の悪いお年寄りに、筑鉄の車掌さんたちは
昔から優しかったです。
by 赤か毛 (2008-12-11 23:52) 

赤か毛

keykunさん、こんばんは。
大阪にもまだありましたか!?一度乗ってみたいものです。
27年ほど前に始めて京都に行ったとき、路面電車がとても似合っていて
また、初めての若者には、バスよりもずっとわかりやすくて助かりました。
今でも車内の様子が、記憶の中にリアルに残っています。
きっと、北九州でチンチン電車に慣れていたので、親しみもあったのでしょう。
by 赤か毛 (2008-12-11 23:57) 

hobashira

夕陽をバックに走る電車、いいですね。
むか~しの一時期、筑鉄香月の近くに住んでいまして、
八幡駅前まで通勤していました。香月ではそんなに混んでは
なかったが、三ヶ森辺りで満員になってましたね。
この風景を見ていると、遠いむかしを思い出しました。(40年前です。)
当時、福岡まで延びる計画は聞いていました。
でもチョット無理かな?とは感じていましたけど。
せめて、JR直方駅まで延びていたらなぁ。
by hobashira (2008-12-12 22:12) 

赤か毛

hobashiraさん、こんばんは。
香月に居られたんですか!?筑鉄で通勤されていたとは懐かしいでしょうね!?
私も一時期折尾から貞元(今の熊西)まで通学していたので
思い出の多い路面電車です。
小学校のころは、皇后崎と萩原の間あたりに家があり
筑鉄の音を聞きながら育ったようなものです。
JR直方につながると、がぜん便利になるでしょうね!!
by 赤か毛 (2008-12-13 01:41) 

C55

あか毛さん、こんばんは。久々の投稿です。
かつて市内を走りまわっていた西鉄線大国でしたが、
戸畑線、小倉線、門司線、八幡線、これら全ては
JR線と平行に走っており、廃止の原因であったと
私は思っております。筑鉄線は独立路線であった事と
宅地開発が電停を中心として広がった事が生き残った
要因と思っております。小学生の時、よく戸畑から筑豊中間
まで乗車しました。運転手のすぐ横の席にすわり、楽しんだ
ものです。通り谷と東中間間の急勾配に差し掛かると、
運転手が色々と歓呼の声を出して、発車するのをかっこよく
見とれていました。筑鉄がんばれ!

by C55 (2008-12-14 03:51) 

sixteen

赤か毛さま
確か、秋の筑豊電鉄のお祭りの日にはカラフルな電車が走りますよね?!
by sixteen (2008-12-14 04:23) 

赤か毛

C55さん、おはようございます。運転手の連呼、かっこよかったですよねー!
それから、真鍮の操作盤に黒い円形の握りのついた操作レバー。
どの位置に合わせるとスピードが出て、ブレーキがかかるのか
じっと見ていた記憶があります。
私も通り谷の辺りは好きでした。
筑鉄、がんばってほしいですね!!
by 赤か毛 (2008-12-14 09:40) 

赤か毛

sixteenさん、遅く(早く?)の書き込み、ありがとうございます。
ようこそ遠賀・洞海湾通信へいらっしゃいました!
筑鉄のお祭りの日というのがあるんですか!?
そのカラフルな電車見てみたいです。
by 赤か毛 (2008-12-14 09:59) 

cloud9

夕陽に染まる姿がまた良いですね♪
路面電車ってなんだかノスタルジックな感じがして好きです^^
by cloud9 (2008-12-14 20:15) 

赤か毛

cloud9さん、こんばんは。
近・中距離の移動は、このサイズの電車がいいですね。
道路と違ったネットワークで、うまく共存できるといいのですが・・・
ノスタルジックだけど、これからのまちづくりに有力な交通手段である
とも考えています。
by 赤か毛 (2008-12-15 18:59) 

wanwanmaru

国民の豊かな暮らしイコール車を所有すること、なんて
考え方がありましたからね~。今や軽自動車の存在価値
が以前より希薄になったような気がしますが・・。

最近私は家族で移動するときは別として、一人で動く時
にはバスや電車を利用することが多くなりました。

ゆっくり車窓を眺めながら移動するのも良いですよね。

でも移動先で、「クルマで来ていたらなぁ・・」と思う
ことも多いです。(^^ゞ

by wanwanmaru (2008-12-21 09:06) 

響

路面区間が無くなったけど
素敵な写真ばかりですね。
綺麗な夕日の時に僕もチャレンジしてみようかな。
by (2008-12-22 16:30) 

赤か毛

wanwanmaruさん、こんばんは。
ほんとに車の便利さに慣れきってしまった世代にとって
もう一度、一から考え直すことは、とても難しいと思います。
しかし、無くすものと得るもののバランスは、
考えなければならない時期にきていると思うのです。
街並みに向かってカメラを構える人間にとっても、
それは重要なテーマではないでしょうか。
by 赤か毛 (2008-12-22 23:15) 

赤か毛

響さん、ありがとうございます。
響さんの深い目で、この筑豊の貴重な遺産を見つめ直していただけると
遺構になる前に、多くの人たちがその価値を再認識できると思います。
鋭いレポートを心待ちにしています。
by 赤か毛 (2008-12-22 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。